セラピストの苦悩を変える!運営のヒント!

購買選択の心理学

 

整体院,経営,集客,ネット

世界一ずる賢い価格戦略

 

本の要約

 

経営者や起業家のみならずマーケターやセールスマンなど「売る」ことを仕事にする方は必見の一冊。

 

ビジネスは価格に生きて価格で死ぬ
著者のダン・ケネディがこう言うように価格こそがビジネスの生命線です。

 

実際、価格設定を失敗してしまうとビジネスそのものが上手くまわりません。 商品の値段を高くし過ぎるとさっぱり売れませんし、安くすると利益が出なくなり価格競争に巻き込まれてしまうからです。

 

では、商品を売るときにどうやって価格を決めればいいのでしょうか?
また、無料、割引、値上げの使い方はどうすればいいのでしょうか?

 

理論編
理論編では、豊富なデータや事例を元に値段を下げるとどうなるか?逆に値段を上げるとどうなるのか?といったことが解説されています。

 

例えば、値段を下げると売れやすくなる代わりにどういった弊害が起きるのか? 逆に販売量を維持したまま値段を上げるにはどうすればよいか?などなど。

 

さらには、「無料」戦略の使い方についても触れられており、 無料にしてはいけないものや無料にすると強力な武器となるもの、はては無料で攻め立てるライバルと戦う方法など、無料の効果的な使い方と絶対にやってはいけない無料戦略について極めて参考になる内容が書かれています。

 

 

実践編
実践編では、実際に商品の値段を付けるためのテクニックがテーマです。

 

ほとんどの人は、商品の価格を決めるときに思い付きや業界の常識、顧客の言い値やコストプラス方式など、なんとなくで決めてしまっています。

 

しかし、最大級の利益を確保するためにはもっと合理的に「スキミング戦略」を採用するのが最適です。

 

また、99セントと1ドルで消費者にどういった心理的な影響があるのか?などなど。
価格設定で気になることが、ポイントを絞って書かれています。

 

サンプル編
サンプル編は短いですが、価格戦略を活かした広告のサンプルが掲載されており、この本は価格について徹底的に語りつくした一冊です。

 

商品の価格に迷ったときに、強力な味方になること間違いないでしょう。

 

 

 

 

あなたは、商品の価格設定で
こんな間違いをしていませんか?

 

・自分の直感で価格を決めてしまう、、、
・競合の価格に対抗して決めてしまう、、、
・原価に必要な利益を乗せて決めてしまう、、、

 

ここに挙げたのはほんの一例ですが、
このような間違いは、
あなたにも身に覚えがあると思います。

 

しかし、これらの間違いは、
次の最大の間違いに比べれば
大したことではありません。

 

それは、、、

 

お客から見て、
自分の商品がいくらの価格が適正なのか?
そして、利益を最大化できる価格はいくらなのか?
そのポジショニングを知らないということです。

 

 

ほとんどの社長、起業家は
自分の商品の適正な価格を知りません。

 

その結果、多くの場合、
「この商品は価格が高いと思われて
お客を逃してしまったらどうしよう。。」
と考えて、安い価格を設定し、
値引き合戦の泥沼にはまってしまいます。

 

不思議なことに、
「値引きをすることで、
儲けが減ってしまったらどうしよう」
と考える人はほとんどいません。

 

かと言って、もちろん
法外な価格を設定しては
お客は買ってはくれません。

 

では、どうすれば利益を最大化しながら
適正な価格設定ができるのか?

 

そこであなたにオススメしたいのが、
この本、ダン・ケネディの
「世界一ずる賢い価格戦略」です。

http://directlink.jp/tracking/af/1293288/99YDG02L/

 

この本のテーマは、
いかに「儲かる価格設定」をするか?
です。

 

そして、それをダン・ケネディ自身や
彼のクライアントの実体験に基づいた、
効果実証済みで極めて実用的な
価格戦略をこの本で公開しています。

 

 

もしあなたが、あなたの商品を
今の価格よりも高い価格で売りたいのなら、、、

 

高い価格設定にしても、
お客があなたから買いたいと
思ってもらえるようになりたいのなら、、、

 

そして、利益を今の何倍にもしたいのなら、、、

 

この本に書かれた価格戦略を
実際に試してみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1293288/99YDG02L/

「アメーバキング2」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

スポンサードリンク

   






 

▲ページの一番上へ


 
トップページ 【オススメ】 集客ツール ネット集客 経営の今後