セラピストの苦悩を変える!運営のヒント!

現代広告の心理学医術101

 

整体院,経営,集客,ネット

本の要約

 

反応を取る広告を作るための本

 

広告の目的は人に行動させること

 

この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

 

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

 

それがわかれば、次のことが可能になる。

 

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

 

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから

 

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

 

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

 

にまとめました。

 

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

 

 

 

なんとなく目に留まって、読み始めた広告。
最初はその商品に興味なんてなかったのに、
読み終わる頃には欲しくてしようがなくなり、
結局、注文していた。。。

 

もしかしたら、あなたにも
そんな経験があるかもしれません。

 

なぜでしょうか?

 

文章がうまかったから?
デザインが良かったから?
商品が良かったから?

 

いいえ、違います。

 

その広告があなたの心理を把握していたからです。
そして、その上で、
あなたが行動せざるをえなくなるように
巧みにあなたの心理を突いて誘導していたからです。

 

そして、この「広告の心理技術」が
売れる広告を作る上で最も重要なことです。

 

 

この心理技術がなければ、

 

どんなにうまい文章を書いても、
どんなに美しいデザインを作っても、
どんなに商品が良くても、

 

さほど売れることはありません。

 

 

逆に言えば、

 

この心理技術を押さええておくことで、
そこそこの文章やデザインの広告でも
商品は売れてしまいます。

 

見込み客は、抵抗なくあなたから
商品を買うようになってしまいます。

 

高度なコピーライティングの
知識もスキルも必要ありません。

 

なぜなら、コピーライティングで最も重要な要素は、
この消費者の行動心理にこそあるからです。

 

 

では、どうすれば消費者の行動心理を学べるのか?
どうすればそれを実際の広告に活かすことができるのか?

 

そこであなたのお役に立てるのがこの本
「現代広告の心理技術101」です。

http://directlink.jp/tracking/af/1293288/OhCZrcqd/

 

 

なぜなら、この本は、
著者のドルー・エリック・ホイットマンが
心理学のエキスパートチームからのコンサルティングや
それをもとに得た、膨大な数の広告実測データから、

 

広告における消費者心理を明らかにし、
そしてそれを活用するための広告技術を
実例を交えながら詳細に解説しているからです。

 

書店では売っていないのにもかかわらず
すでに1万部以上が売れている人気作です。
在庫がなくならないうちに
今すぐチェックしておいてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1293288/OhCZrcqd/

 

「アメーバキング2」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

スポンサードリンク

   






 

▲ページの一番上へ


 
トップページ 【オススメ】 集客ツール ネット集客 経営の今後